カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 水なすの保存方法・保存期限

 1 常温保存(保存期限は3日〜1週間くらい)
   水なすの浅漬けやサラダなどで生の食感、瑞々しさが最も愉しめます

 

・生の水なすは10〜12℃前後での自然保存が最適といわれていますが、夏場でも冷房が効いているような涼しいところであれば、新聞紙にくるんで置いておけば十分に日もちします
 

(注意)農産物直売所などで購入された水なすであれば、購入当日の朝採りなので1週間ほど日もちしますが、百貨店、スーパーなどでお買い求めの場合、購入時点ですでに2日ほど経過していますので、少し日もちが悪くなります


  

 

2 冷蔵保存(保存期限は1週間くらい)
  水なすの浅漬けやサラダなどで生の食感、瑞々しさが愉しめます


・水なすに冷気が直接当たるのを避けるため、新聞紙で包んでからポリ袋に入れる

・湿度の高い冷蔵庫の野菜室で保存がおすすめ。野菜室がなければ普通冷蔵でもOK

(注意)水なすを裸のまま冷蔵保存しないでください。水なすは低温に弱く、概ね5℃以下になると低温障害が発生します。そうなると皮はシワシワに、また水分も抜けてフニャフニャになり、水なす本来の瑞々しさが失われてしまいます

 



 

3 冷凍保存(保存期限は1か月くらい)
  水なすを煮る、揚げる、炒める、和えるなどの調理に使えます。ただし生の食感は愉しめません


・適当な大きさ、形にカットします

・すぐにジッパー付きのポリ袋に入れ、空気をしっかりと抜いて冷凍庫に保存

・調理する時は必要な分だけ取り出し、解凍せず使います

・水なすは灰汁(アク)がほとんどないので灰汁抜きは不要です

・凍らせることで果肉の中の細胞が壊れるので、味がよく浸み込みます