カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 水なすの浅漬けのおいしい食べ方
水ナスの浅漬けの美味しい食べ方は? と聞かれたら、迷わず「割ったらったら3分以内に食べること」とお答えしています

・水なすは、空気に触れる時間が長くなるほど、味も色も悪くなります。当店のように酸化防止剤や保存料等を使用していないお店の水なすの浅漬けは、10分もたてば酸化により変色してきます

1.ぬかをさっと洗い流し、軽く水を切ります
  強く洗ったり、絞ったりしないで下さい。熟成された天然のうまみが失われてしまいます

 
  


2.ヘタをカットします

  



3.1cm程度の深さの切り込みを入れます。4つ割、8つ割お好みで

  


4.まずは半分に割ってください
  「手で割いてください。」ってよく言われますが包丁で切ってもかまいません。慣れないと上手く割けません。包丁で切ってもすぐに食べれば変色しません。


  


5.さらに半分に。先に皮に切れ目を入れるとキレイに割けます

  

6.しつこいようですが3分以内に食べてください

まずは何もつけずに、天然昆布・本枯節・香信干し椎茸の熟成された天然のうまみと水なすのもつ瑞々しい食感をお愉しみください
お後は、生姜を添えたり、しょう油を数滴たらすなどお好みで


  
 
*割ってすぐに食べないと果肉が茶色く(褐色)なる理由(原因)について

・ナスを切ってしばらくすると、切り口が茶色に変色していたというようなことは、料理をする方なら経験があるかと思います

・これは、ナスに含まれるポリフェノール(詳しくはポリフェノールオキシダーゼという酵素)が酸化することが原因です

・ポリフェノールとは簡単に言うと”アク(灰汁)”のことです。ナスはポリフェノール含有量の多い野菜なので、空気に触れるとすぐに切り口が茶色くなってしまうのです。リンゴを切ってしばらくおいておくと果肉が茶色くなるのも同じ現象です

・ナスにはたくさんの種類があリますが、中でも水なすは非常にアクが少なく、生で食べることができる稀少なおナスです

・ただし、あくまで人間の味覚で感じないということであって、全くアクがないというわけではありませんので、空気に触れさせておくとどうしても酸化して茶色く変色してしまうのです

・変色を防ぐ方法として、割ってすぐに、塩水に漬けておくという方法もありますが、水なすの浅漬けを塩水に漬けておくと、うまみが失われますので味が落ちてしまいます

・ということで、水なすの浅漬けは「割ったら3分以内に食べる」ことをお勧めします